カラーやパーマのかけすぎは薄毛の原因になるの?

ヘアスタイルを決めるには、カラーやパーマは
必須ですよね。
それは男女問わず、だと思います。

でもオシャレばかりに気を遣い 地肌のこと
忘れてはいませんか?

特に若い世代はオシャレが最優先!
毎月、いや 毎週ヘアカラーを変える人もいるのでは?

カラーやパーマはかなりダメージを与えます。
でもそれは あくまで髪の毛に対してです。

カラー剤やパーマ液剤のキツーイ匂い。
明らかにダメージありそうですが これが
直接的に薄毛に関係することはないんです。

大切なのは頭皮のケアです。
もちろん 薬剤が頭皮に付着することもあるので
ノーダメージとは言えませんが
カラーやパーマをした後にはケアをすることが大切です。

現在では頭皮用のシャンプーであったり
美容室で頭皮マッサージを行ってくれたり
頭皮をケアすること が注目されています。

これは頭皮だけでなく健康な髪の毛を
作り出すことへも 関係しています。

一石二鳥ですね。

カラーやパーマをしたら髪の毛・頭皮のケアを
怠らないことが大切なんです。
また、カラーやパーマだけでなくワックス剤なども
同じです。
ワックス剤を使用した日は その日のうちに
よーく洗い流しましょう。
ここが大切なのです。

きちんと洗わずに放置してしまうと
汚れが頭皮に蓄積され 頭皮に悪影響を及ぼします。
これは薄毛の原因です。

ダメージを心配するよりも 清潔を心がけることが
薄毛対策の一歩です。
薄毛対策だけでなく髪の毛の為にもいいですよね。

ダメージを与えるならケアもきちんと!
これで薄毛になりにくい!

最新記事