男性でも他人事じゃない女性ホルモンの乱れが薄毛の原因になる

薄毛は誰にとっても嫌な物です。
出来る事ならば薄毛を改善し、豊かな髪を育みたいですね。
誰もが嫌がる薄毛の原因と女性ホルモンの関係を知れば薄毛改善に繋がるかもしれません。

*女性ホルモンが乱れると薄毛になるのか
薄毛の主な原因は、女性ホルモンのエストロゲンが段々と減少する事です。
エストロゲンの減少は加齢や出産などで起こります。
また乱れた生活習慣や食生活でもエストロゲンは減少してしまうのです。

*エストロゲンが減るとどうなるのか
エストロゲンが減少すると起こる症状は、抜け毛の増加や髪質の低下です。
髪が細くなったりハリやコシを失います。
抜け毛の増加は薄毛の直接の原因となるのです。
この女性ホルモンと薄毛の関係は女性だけの問題ではありません。
男性の中にも女性ホルモンはあり、エストロゲンが減少する事によって抜け毛が増加してしまいます。

*女性ホルモンのバランスを整えるのにはどうすれば良いのか
ホルモンバランスを整えるのに一番良いのは生活習慣の見直しです。
規則正しく健康的な生活習慣を心がける事が大事なのです。
早寝早起きや、ストレスを溜めずにリラックスする事。
食生活も女性ホルモンに似た成分であるイソフラボンが含まれる食品をなるべく食べる事も有効です。
イソフラボンは納豆や豆腐などの大豆製品に多く含まれています。

*薄毛と女性ホルモンは深く関係している
女性だけで無く男性も、女性ホルモンの減少を抑える事によって抜け毛が減るのです。
それが直接的に薄毛の改善に繋がります。
規則正しい生活習慣とストレスを溜めない生活を心がける事が一番のホルモンバランスを調整する手段なのです。